おもちつき

今日はおもちつきをしました!

まずはお話しから。

 

 

 

 

お正月にお家でおもちつきしたよー!

おもち食べたよー!などと手をあげて教えてくれた子どもたち。

“どうしてお正月にお餅を食べるのか。”

お正月に鏡餅を飾るお家もあるかと思います。お正月になると鏡餅には神様がやってきて、神様からはパワーがもらえるというお話をしました。

おもちつきの前には、普段みんなが食べているご飯になるお米と、おもちになるお米の違いを見比べてみましたよ。 「こっちの方が白い!」ともち米の方を指さす子どもたちでした。

お話のあとは、待ちに待ったおもちつき!

 

 

 

 

まずは大人が…

「よいしょー!」とみんなからの掛け声も頂きました!

いい具合になったら、いよいよ子どもたちの番です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空、太陽組さんはひとりで。

海組さんもひとりでつく子が多く、みんなすばらしくパワーがあってびっくりしました!

虹、山組さんもやりたい子は、先生と一緒にぺったんこ!

おもちつきでついたお餅は、保育園でも初めての試み

『ならせ餅』にしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

木の枝に、餅とり粉を使って丸めたお餅をつけます。

「どこにつけようかな~」「ここにする!」と自分たちで決めて、夢中になって何個もつけにきていた子どもたちでした。

 

ならせ餅の完成です!

食紅を使って紅白色になりました! キレイですよね♪

 

 

今年はコロナの影響もあり、食べるお餅はもちつき器を使用して作りました。

あんこ、きなこ、みたらしの3種類♪ 給食でおいしくいただきました!

 

 

 

 

 

 

今年もみんなが元気いっぱいすごせますように…☆

 

カテゴリー: 行事案内   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP