おもちつき

今日はおもちつきをしました!

 まずはお話を。

どうしてお正月には、おもちを食べるのかな?

「おいしいから!」「お正月だから!」という声がちらほら聞こえるなか「神様が・・・」と言ってくれた子!すごい!よく知っていましたね。

そうなんです。お正月に飾る鏡餅、そこに神様がやってきます。神様からのパワーをもらって、ケガや病気をしないで元気に過ごせるように・・・と、おもちを食べるのですね。

いつも食べているご飯になるお米と、おもちになるお米は何が違うのかな~??

見比べてみました!

「こっちがもちごめだよ~」

 

さぁ、もち米が蒸しあがったところで、もちつき開始です!

まずは大人がこねこね。ついていきます!

いい具合になったらいよいよ子どもたちの番です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空、太陽組さんはひとりで、海組さんは先生と。

腕がプルプルするまで、クタクタになるまで頑張ってくれた子もいました!

虹、山組さんもやりたい子は、先生と一緒にやってみました!

蒸したもち米のいい香りと、どんどんおもちになっていくのを見て

「おいしそ~」「はやくたべた~い」と言う子どもたちでした。

太陽組さんには、おもちを丸めるお手伝いもしてもらいました。

「手にくっついて結構大変だった~」とのことでしたが、一生懸命やってくれました!

 

あんこ、きなこ、みたらしの3種類♪

給食でおいしくいただきました!

 

 

カテゴリー: 行事案内   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP